あなたの夢を叶えるために
三重民医連 医学生向け奨学金制度のご案内

 申し込み資格

医学部または医科大学に在籍する者で、三重民医連に所属する病院または診療所で働くことを決意している者は、本規程に基づく奨学資金を申し込むことができる。

 奨学金貸与額(月額)と貸与期間

■コース①1年生~6年生 100,000円

■コース②1年生~6年生 150,000円

貸与期間は、必要な手続き終了後、三重民医連理事会等で奨学金支給決定が認められた月から卒業までの期間とします。

 返済免除制度

■コース①の場合…医師初期臨床研修終了後10年間のうち、奨学金の支給を受けた期間、三重民医連で勤務した場合は、返済が免除されます。

■コース②の場合…医師初期臨床研修終了後13年間のうち、奨学金の支給を受けた期間の1.5倍の期間、三重民医連で勤務した場合は、返済が免除されます。

※2019年5月9日より上記返済免除規程に改定

 申請基準

上記にある主旨に賛同する医学部医学科在籍者

 申請手続き

担当スタッフとの面談の上、申請手続き、必要書類のご説明はさせていただきます。
必要書類は
①本人の決意書
②本人の履歴書
③所定の申請書(申請書には保証人が必要です。)
④その他、三重民医連が必要と認めたもの

手続きの流れは
①津生協病院の見学、面接
②必要書類の提出
③三重民医連理事会での承認

申請時期は、いつでも可能です。年度の途中でも申請いただけます。
上記手続きを経て、承認されれば、申請した月からの支給となります。

 奨学生になったら

■コース①の場合月額10万円の奨学金が貸与されます。コース②の場合月額15万円の奨学金が貸与されます。奨学金の受け渡しは、基本的には、担当スタッフからの手渡しとなります。
■学習の機会を提供しています。長期休暇中の津生協病院(診療所も可)での実習や、医学生向け学習企画への参加をお願いしています。大学の講義や行事、部活動等との関係もありますので、参加は義務ではありませんが、出来る限り参加をお願いします。
■医学生の実習の受け入れ、学習企画の設定など、医学生と日常的な関わりを持つ、専任スタッフ(医学生担当スタッフ)が、津生協病院(三重民医連)にはいます。学業や、生活上で何か困ったことがありましたら、いつでもご相談いただけます。
■臨床の現場に立つ医師をはじめとした医療スタッフと、学生のうちから関係を築くことができます。津生協病院のスタッフ皆が、あなたの成長をサポートします。


奨学金に関するお問い合わせは、お問い合わせフォームからお願いします。

担当 みえ医療福祉生活協同組合 津生協病院 医学生担当 神保・曽我

お問い合わせフォーム