専門分野を持ったGeneral physician

総合診療医プログラム

総合診療医に求められる一定水準の医療技術とプロフェッショナリズム(医師としての倫理規範)を持ち、地域医療に貢献する総合診療医を養成します。
プログラムの大きな特徴は、研修医が主治医として外来から入院まで患者に関わり、総合的臨床能力を身につけることです。
また、津生協病院の総合診療病棟医療に関わることで、チーム医療におけるリーダーシップの獲得および、包括的な診療能力を獲得することができます。

詳しくはこちらをご覧下さい。

三重大学総合診療専門研修プログラム

https://www.hosp.mie-u.ac.jp/soshin/koki/program_ver3/

三重民医連の複数の事業所が、プログラム研修施設として参加しています。
津生協病院  総診Ⅰ、総診Ⅱ
高茶屋診療所、いくわ診療所  総診Ⅰ

メッセージ

~ここには総合診療医になるための環境が揃っている~

この病院は、プライマリな疾患が揃っています。総合診療医としてしっかり学ぶことができると思い、ここで後期研修を決めました。
研修環境としても指導医や他の医師だけ出なく、多職種の方も声をかけてくれます。自分から声をかけやすい雰囲気でもある
ので、不安や疑問はその都度、親切に指導してもらっていて分かりやすいです。私は地域から求められる医師でありたいと思
っています。病気の人を持っているだけではなく、こちらから地域に出て行きたいんです。医師として独り立ちしていく過程で、
この病院はそれがしやすく、何より研修していて楽しいです。そして、力がついていることを実感しています。総合診療医を目指す
のであれば、ここでの後期研修をおすすめしたいです。

後期研修2年目医師